スポンサーリンク

発達障害児のトイレトレーニング

 発達障害児のトイレトレーニング

 

 今日は、発達障害児のトイレトレーニングに付いて、

私達の体験談を書いてい行こうと思います。

 


トイレトレーニングは大きな課題ですね、

特に発達に遅れの見られない子でも、

トイレトレーニングが進まないで、

悩んでいる親もたくさんいるのに、

発達障害児のトイレトレーニング、

かなり大変でした。


今は完璧かと言うと、そうでは無いですが、

とりあえずトイレでおしっことウンチはできるので、

オムツはしていないです。

 

 

年齢が上がればトレーニング期間は短い

 


具体的な方法を書く前に、1番大事なことは、


「年齢が上がればトレーニング期間は短い」

 

トイレトレーニングを始めるのが2歳の時と6歳の時では、

オムツが取れるまでの期間は全然違います。


当然、6歳からトイレトレーニングを始めた方が、

トレーニング期間は短いです。

 


発達障害児のトイレトレーニングを進める時に、

「あせる」「怒り」「比べる」絶対にマイナスになります。

 


「あせる」気持ちは良く分ります、私達も何度もあせり強引に

トイレトレーニングを進めようとしましたが、

トイレトレーニングを怖がり逆に進み具合が遅くなりました。

 


「怒り」遊びに夢中になり何度も声掛けをしても、

その場でおもらしをしたり、トイレに行ったけど下着を濡らしたり、

「だから言ったでしょ」と怒りたくなりますね、

ここで怒ると怒られるからトイレに行くとなってしまい、

おしっこしたいからトイレに行く感覚が育ちにくいので、

「怒る」では無く「優しく叱る」ようにしました。

 


「比べる」同年代の子と比べて明らかに、

トイレトレーニングが遅れているとついつい他の子と比べてしまい、

落ち込んだりあせったりしてイライラして怒ってしまいますね。

開き直りましょうだって、息子は発達障害だから仕方ないです。

発達障害児は少しづつ成長して行くので、

子供の成長を信じて待ちましょう。

 

スポンサーリンク    

息子は5歳11か月にオムツが取れた

 


息子は5歳11ヵ月までオムツをしていました。

ただ1日中オムツをはいていたのではなく、

ウンチは必ずオムツに着替えてオムツに出していました。


おしっこは時々遊びに夢中になりその場で漏らしたり、

下着を濡らしたりは時々は有りました。


とにかくウンチをトイレでするように、

何度も声掛けをしましたが、イヤの一言で完全拒絶でした。


小学校に入学するまでには、

トイレでウンチが出来るようにしたかった理由が、

オムツにウンチをするとお尻を、

シャワーで洗わないと行けないのですが、

息子の通っていた幼稚園にはシャワー室があり、

加配の先生がお尻を洗いやすかったのですが、

小学校の場合はシャワーが有るか解らなかったので、

小学校入学までにはオムツから卒業を目標にしました。

 


具体的にどのようにトイレトレーニングをしたかというと、

1、ウンチをトイレで出せるだけの体に成長しているか確認

2、とりあえず便器に座る事から始める

3、座っておしっこをさせる

4、ウンチをしたくなったらオムツをはいたままで良いので、
  トイレの近くで出来れば中で踏ん張る。

5、便器に座る事が出来て、便座に座ったまま踏ん張る事が出来たら、
  トイレトレーニングのスタート日を決める。

6、週末を利用して、金曜日の夕方スタート

7、オムツを隠す・おもらしをしても良いように
  家の中をかたずける

8、オムツを請求しても始めは渡さないで、
  トイレの中に誘導する。

9、初めの内は便器に座っても出ない事が続いているが、
  限界まで来たら、踏ん張らないでも出る事もあるので、
  何度もトイレに誘う。

10、トイレには2人で入って、ウンチを出す事に集中しやすいように、
   声掛けや体を支えてあげる。

11、成功したら思い切り褒めてあげる。


息子の場合は、3回オムツを渡さなかったので、

トイレに入っても「出ない」と出て来ました、

さすがにウンチを3回もがまんした事で、

4回目の便意の時に、踏ん張ることなくウンチが出ました。

 

 

なぜトイレトレーニングを嫌がる

 

 


発達障害児のトイレトレーニングには、

意外な問題が出て来ます。


「音」「閉所」「ウォシュレット」


音は水の流れる音や換気扇の音などを、

怖がっでトイレに入る事を嫌がりました。


閉所、トイレのドアを閉める事を怖がりましたね。


ウォシュレットのノズルが動く事が怖いようです。


息子の場合は、こだわりがウンチはオムツにするや、

知らない場所のトイレに入らはいでした。


少しづつスモールステップで環境を整えながら、

出来たら褒めるで、自分は出来ると少しづつ、

自信を付けさせて行きました。

 


息子のトイレトレーニングの大まかな流れです、

発達障害児は、色々な個性やこだわりがあるので、

息子のような方法だと、

逆効果になる場合も有ると思います。


最終的にはその子の性格や個性に合わせて、

試行錯誤して行かないと行けないですね。

 

 


失敗しても何度でも練習すれば、

いつかはトイレトレーニングから卒業出来ます。

 

 

 

お久しぶりです。

今年初のブログ更新になります。

スポンサーリンク

 

前回のブログ更新から10ヶ月以上経過しているにもかかわらず、

検索エンジン経由でたくさんの方がブログにアクセスしていただき、

ビックリすると同時に、子供の発達障害で悩む方がたくさんいる事に、

自分と重ねてしまいます。

 

前回更新したブログでは、特別支援学校の進学決定通知が届いた、

と言う所まで書きました。

 

その後の経過は

・今年の元日2日と高熱・原因不明の湿疹で救急外来に診察受けた事

 

・幼稚園の卒園カレーパーティーで偏食の息子がカレーを完食した事

 

・幼稚園の最後の参観日の保護者懇談会で一人一言ずつ挨拶をする時に、

 妻が号泣して先生にも伝染し先生号泣、息子のクラスだけみんなウルウルして

 副園長先生まで涙目で話しかけられる。

 

・幼稚園の卒園式に同級生みんなと最初から最後までちゃんと参加できた事。

 

特別支援学校の入学式に幼稚園で息子の担当をしていた加配の先生が、

自分の着任式が終わって直ぐに駆けつけてくれた事

 

たくさんの思い出と新しい期待を持って息子も小学校1年生になりました。

 

 

今後のブログ更新は月1~2回は更新して行くつもりなので、

時々は見に来てくださいね。

 

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ

スポンサーリンク

 

進路決定通知が届きました。

特別支援学校と通知が来ました。

 

早いもので、面談をして決定通知が届きました。

市の教育委員会の決定は、特別支援学校になりました。

今回、決まった決定はあくまでも市の教育委員会の決定で、

これから県の教育委員会に書類を上げて、

最終決定が決まるので最終的な決定は、

来年の1月後半になるようです。

 

息子の発達検査の点数や提出されている書類などを、

考えても落ちる事は無いと思っていたので、

心配はしていなかったのですが、

やはり特別支援学校と決定通知を見ると、

少しブルーな気分になりますね。

 

何処かで「この子は、公立の小学校で大丈夫」と

支援学校に入れない事を期待している、

気持ちも5%ぐらいは有ったので、

決定通知に特別支援学校と書かれている文字を見ると、

「この子のためには1番いい選択をしたんだ」と

自分に言い聞かせている自分に気が付きますね。

 

スポンサーリンク    

知り合いがたくさん

今年の3月に卒園した親子通園、一緒に通っていた

園児の何人かのお母さんたちと「ママ友」として

妻が定期的に連絡を取っていたので、

来年の4月に特別支援学校に入学予定の子が知っているだけで、

5~6人いるようです。

 

昨年の特別支援学校幼稚部に落ちた生徒を対象にした、

月1回の相談会で支援学校にも何度も通っているので、

息子も場慣れしているようで、

支援学校に通う環境は整って来ていますね。

 

スポンサーリンク    

 

支援学校を選んで良かった思う日

 進路決定通知が届いて1ヶ月ぐらいが経ったのですが、

最近は特別支援学校を希望して、

良かったと思える日が増えて来ました。

 

以前に比べて息子が、

・自分の考えている事

・自分のイヤな事

・自分の感情

などを言葉で伝える事が出来るようになって来た事で、

息子のこだわりや音過敏などが理解でき、息子を育てて行く環境は、

公立の小学校の大きな集団よりも、特別支援学校の少人数の方が、

息子の個性に合わせて良い所を引き延ばしてくれるだろうと、

思えるようになって来ましたね。

 

今日は12月1日ですが1年前の今日が、

特別支援学校幼稚部の合格発表の日でした。

不合格に驚き、焦っていた日から1年が経ちました。

もし1年前の私達が今の息子を見たら、妻は100%泣きます。

1年前はお父さんお母さんと言えない息子が、普通に会話をしている。

自分で物語を作っておもちゃで遊んで、実況中継をしている。

信じられないぐらいの成長をしています。

 

来年の12月1日にも私達をいい意味で、ビックリさせる成長をして欲しいですね。

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ

?

納得して特別支援学校を希望しました。

前回のブログの更新から1ヶ月以上経過していました。

結論から言うと教育委員会の進路面談で、

特別支援学校を希望しました。


ものすごく悩みたくさんの人の意見も参考にして、

夫婦二人で納得して最終決定をしました。


今回の小学校の進路を決めるために、

幼稚園の副園長、担任の先生、支援の先生、

児童心理士、主治医の先生など、

たくさんの方の意見を聞いたのですが、

皆さんが誠実に自分の考えを伝えて来てくれました。

言葉を濁して曖昧な言い方では無く、

ハッキリと特別支援学校が息子には合っていると、

それぞれの方が感じる息子の性格と発達状態から、

息子の成長にとって1番、良い環境は特別支援学校だと。

 

スポンサーリンク

 

特別支援学校を希望する理由

 


公立幼稚園で大きな成長をしている息子が、

どうして特別支援学校を希望するのか、

私達と息子の支援をサポートしてくれる

幼稚園の先生方や心理士、主治医の先生の

考え方をまとめてみます。


1、小学校は幼稚園と違い勉強がメインになるので、
  45分の授業中、椅子に座って入る事が出来ない。

2、幼稚園では、支援の先生が2対1の割合で1日中ついてくれるが、
  小学校では、生徒20人ぐらいを3人の支援の先生で見ているので、
  週に1~2時間しかついてくれない。

3、親が一緒に小学校に通う事は、全国的にも否定的な意見が多いようです。
  子供は「親といる時の自分」「子供同士の時の自分」など
  色々な環境で社会性を成長させて行くので、
  本来なら親と離れる学校に親と通う事で、
  子供が混乱してしまう可能性が出て来るそうです。

4、息子の偏食はかなり凄いので、小学校で出て来る給食は、
  ほとんど食べる事が出来ないと思います。
  支援学校なら偏食の子に対するノウハウもあるので、
  上手く誘導して偏食が良くなれば良いのですが。


大きな判断材料はこんな感じですかね?

 

スポンサーリンク

 

人に恵まれている息子

 


たくさんの人の意見を参考にしながら、

今回感じた事は、息子の持って生まれた天運なのでしょうか、

人に恵まれているんです

たくさんの人が息子の支援に関わってくれているのですが、

特に関係が近い人ほど、誠実な方が多いんです。

「この人が担当でよかった」と

仕事で担当になって入るのにそれを感じさせない、

一生懸命さと真剣さ、時には私達、親と同じように悩んで、

目に涙を溜めながら相談に乗ってくれたり、

息子の小さな成長を本気で喜んでくれたり、

正直言って去年の今頃は、息子はもしかしたら、

一生、会話ができないのではないか?

一生、自分の世界に閉じこもって入るのか?

ものすごく不安で、

でもたくさんの方が諦めないで、

息子の支援を続けてくれたおかげで、

最近では、口喧嘩もします、

幼稚園での出来事を報告します、

ツタヤに行きたいとアピールします、

「ユーチュブ見たい携帯貸して」と言ってきます。


私達だけの力では絶対にここまで息子を成長させる事は、

出来なかったと思います。


まだ教育委員会からの正式決定通知は届いていないので、

特別支援学校に100%進学できるかは、

解りませんがほぼ大丈夫だと思うのですが、

公立小学校に進学となったら、

ビックリですね。

 

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ

?

頭では理解していても、つい期待してしまいますね。

先日、特別支援学校の体験入学がありました。

特別支援学校の中に幼稚部が有るので、

昨年の幼稚部見学や入園面接、それ以外にも昨年の入園面接で、

不合格になった子の中で希望者は継続支援という形で、

特別支援学校の幼稚部で月に1回の親子で参加する、

相談会に参加しているので特別支援学校の敷地の中に入る事が

何度もあり息子も慣れた場所なので体験入学を楽しんでいました。

 

体験入学は各クラスに1人の生徒が体験入学をするので、

人数の都合で息子は3年生のクラスに体験入学をしました。

息子が3年生と一緒に朝の会や工作の授業などを受けているのを

クラスの後ろから見ていました。


朝の会にちゃんと座って参加しているんです、ビックリ!

その後の工作の時間も長い時間、座って授業に参加しているんです。

さすがに授業の後半になると集中力が切れたのか、

教室の中を探検していましたが、

それでも息子が親子通園を卒園して半年でここまで成長している事が、

大きな喜びと悩みになってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

息子の成長は私達の想像よりも急激でした。

 


息子が4月から公立幼稚園に通い出した頃、

妻は3週間ほど息子と一緒に幼稚園に通っていたので、

その時の息子の幼稚園での様子を見ていて、

同年代の子と息子の成長の違いを感じて、

4月の時点で小学校は特別支援学校に進学した方が良いと、

妻の中では、ある程度決まっていたようですが、

私の意見も聞きながら最終的に決めるつもりでいたようです。


公立小学校の特別支援学級の見学に行き、入学前発達検査をして、

その結果を夫婦で話し合って、特別支援学校に進学を決めたのですが、

体験入学で自分たちの思って入る以上に、授業に参加できている姿を見て、

もしかしたら来年の4月にはもっと成長して、

公立の小学校の特別支援学級でも大丈夫ではないかという気持ちが、

出て来てしまい夫婦二人で悩んでいる状態です。


頭では特別支援学校が先生の人数も多く、手厚い支援を受ける事が出来る事も

十分にわかっています、ただ園児数140人以上の公立幼稚園に通い出してからの

息子の成長は私達の想像をはるかに超えていました。


大きな集団の中で周りの子から影響を受けながら、

成長して行く方が息子にとって良いのか?

少人数の中で大人のサポートを十分に受けながら、

成長して行く方が息子にとって良いのか?

どっちにも長所短所あるので悩みますね。

スポンサーリンク

 

教育委員会の決定は参考意見

 

これから教育委員会による就学面談が有るのですが、

1つアドバイスを受けたのですが、

面談の時に進路に付いて迷っているなら無理に進路を決めないで、

親の考えはまだどちらが良いか「迷っている」

と本当の気持ちを伝えます。

 

教育委員会は会議をして総合的に判断して、

息子にはどちらの学校が良いのか決定します。

その決定を聞いてから私達夫婦が納得して、

その教育委員会の決定を受け入れきれるならそれに従い、

教育委員会の決定に納得が出来なければ、

教育委員会の決定はあくまでも参考意見なので、

最終決定権は私達、保護者に有ります。


11月に決定通知が届くようなので、

それまで息子の成長に一喜一憂して何度も考えかかわるんだろうな。

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ

?


にほんブログ村

自閉症の発症メカニズム解明 九大チーム、神経変異の原因分かる

医学の進歩に期待しています

 

 

すごく期待が持てるニュースがメールで届いたので気になる方は、

読んでみて下さい。

 

www.nishinippon.co.jp

 

記事によると

 

タンパク質「REST」が異常に活性化させ、神経発達の遅延を引き起こすことが分かった。

 

タンパク質「REST」は別の記事によると

 

何らかの原因によってRESTが失われると軽度の認知障害が現れ、やがてアルツハイマー型認知症へと発展してしまうと考えられます。

 

と書かれているので脳の機能に大きな影響を与えるようですね。

 

今日は特別支援学校の体験入学に行ってきたので、

その感想のブログを書こうと思っていたのですが、

「自閉症の発症メカニズム解明」そんなメールが届いたら、

読んじゃいますよね、ついつい関連情報を検索してしまい、

特別支援学校の体験入学のブログ記事を書く時間が無かったので、

次のブログ更新の時に体験入学の感想を書きます。

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ

 

行政との付き合い方

私達、発達障害児を育てている親は、

行政が行う福祉関係の手当やサービスなどの関係上、

行政に対しての申請などたくさんの手続きをしています。


生活保護費の返還請求関連のニュースですが、

行政と上手く付き合っていく為に注目しているニュースが有ります。

今回のニュースの要点と私の個人的な意見や行政との付き合い方で、

私の経験上で注意した方が良い事をまとめます。

 

www.okinawatimes.co.jp

 

ryukyushimpo.jp

 

ニュースの内容は

 

母子家庭で二人の娘さんがいる家庭が生活保護を受給していました。


娘二人が高校に通うために貸付型奨学金に申し込みをしました。


生活保護を受給していた期間に約100万円を奨学金として受け取りました。


市はその100万円を収入とみなし、生活保護費の返還を請求しました。


最初の返還請求が2015年で、返還請求を受けた母子家庭のお母さんの訴えで、

県のが返還請求に瑕疵があるとして、処分の取り消しをしていましたが、

2016年に再度市が生活保護費の返還請求を母子家庭に対して行いました。

 

スポンサーリンク    

 

 

この生活保護費の返還請求の問題点は

 

1、一度取り消しを受けたのにまた請求している事

2、奨学金などは事前に申請すれば収入とみなさないケースもある

3、生活保護費は、別枠で就学費が有り申請すれば奨学金の借り入れを軽減できた

 

新聞社の記事によると申請すれば就学費が下りる事を知らなかった、

母子家庭のお母さんが、市のケースワーカーにその事を問い詰めると、

「相談があれば出しましたよ」と回答されたそうです。

 

今回のニュースを読んでいてすごく感じる事は、

発達障害児のケースでも起きやすい問題だと思いました。


このブログのPCの画面ならサイドバーにお役立ち情報として、

特別児童扶養手当・障害児福祉手当の記事を載せているのですが、

特別児童扶養手当は有名で、申請している方は多いのですが、

障害児福祉手当は、申請していない人が意外と多いです。

申請して手当が下りる条件は、

ほとんど同じなので申請しないともったいないのですね。

  

fanblogs.jp

特別児童扶養手当・障害児福祉手当について書いています

 


行政からは、こんな制度がありますよなどと教える事はほとんどないです。

話をしていてこちらから「こんなことで困っています何か、対策はありますか?」

相談をすれば、教えてくれる事も有ります。


今回のニュースの問題も事前に奨学金を申し込む事を相談していれば、

就学費の話もその時に聞けたかもしれなですね。

 

私も会社を経営しているので、

色々な行政にたくさんの書類提出や申請などをしてきましたが、

担当者の知識で同じ手続きでも全然違います。


少し辛口な言い方ですが、

行政の職員の方は定期的な移動がありいつまでも同じ課にいません、

なのでその課が扱っている申請や届け出の全部を理解していない方が多いです。

私も、前回は問題なく大丈夫だった届け出の仕方で、

何度も修正を求められたり、門前払いを受けた事も有ります。


私達のように発達障害児を育てて行く親は、普通の人よりも行政に手続きや申請は、

多くなって来ると思います。

地域や課によって違いが出て来ると思いますが、行政のルールをしっかり把握して

余計なトラブルを起こさないように気を付けたいですね。

 

個人的な感想ですが、今回にニュースは記事を読んでいたら、

行政手続きルールの問題を建て前にした、感情的な問題のような気がします。

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ