スポンサーリンク

頭では理解していても、つい期待してしまいますね。

Gポイント

先日、特別支援学校の体験入学がありました。

特別支援学校の中に幼稚部が有るので、

昨年の幼稚部見学や入園面接、それ以外にも昨年の入園面接で、

不合格になった子の中で希望者は継続支援という形で、

特別支援学校の幼稚部で月に1回の親子で参加する、

相談会に参加しているので特別支援学校の敷地の中に入る事が

何度もあり息子も慣れた場所なので体験入学を楽しんでいました。

 

体験入学は各クラスに1人の生徒が体験入学をするので、

人数の都合で息子は3年生のクラスに体験入学をしました。

息子が3年生と一緒に朝の会や工作の授業などを受けているのを

クラスの後ろから見ていました。


朝の会にちゃんと座って参加しているんです、ビックリ!

その後の工作の時間も長い時間、座って授業に参加しているんです。

さすがに授業の後半になると集中力が切れたのか、

教室の中を探検していましたが、

それでも息子が親子通園を卒園して半年でここまで成長している事が、

大きな喜びと悩みになってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

息子の成長は私達の想像よりも急激でした。

 


息子が4月から公立幼稚園に通い出した頃、

妻は3週間ほど息子と一緒に幼稚園に通っていたので、

その時の息子の幼稚園での様子を見ていて、

同年代の子と息子の成長の違いを感じて、

4月の時点で小学校は特別支援学校に進学した方が良いと、

妻の中では、ある程度決まっていたようですが、

私の意見も聞きながら最終的に決めるつもりでいたようです。


公立小学校の特別支援学級の見学に行き、入学前発達検査をして、

その結果を夫婦で話し合って、特別支援学校に進学を決めたのですが、

体験入学で自分たちの思って入る以上に、授業に参加できている姿を見て、

もしかしたら来年の4月にはもっと成長して、

公立の小学校の特別支援学級でも大丈夫ではないかという気持ちが、

出て来てしまい夫婦二人で悩んでいる状態です。


頭では特別支援学校が先生の人数も多く、手厚い支援を受ける事が出来る事も

十分にわかっています、ただ園児数140人以上の公立幼稚園に通い出してからの

息子の成長は私達の想像をはるかに超えていました。


大きな集団の中で周りの子から影響を受けながら、

成長して行く方が息子にとって良いのか?

少人数の中で大人のサポートを十分に受けながら、

成長して行く方が息子にとって良いのか?

どっちにも長所短所あるので悩みますね。

スポンサーリンク

 

教育委員会の決定は参考意見

 

これから教育委員会による就学面談が有るのですが、

1つアドバイスを受けたのですが、

面談の時に進路に付いて迷っているなら無理に進路を決めないで、

親の考えはまだどちらが良いか「迷っている」

と本当の気持ちを伝えます。

 

教育委員会は会議をして総合的に判断して、

息子にはどちらの学校が良いのか決定します。

その決定を聞いてから私達夫婦が納得して、

その教育委員会の決定を受け入れきれるならそれに従い、

教育委員会の決定に納得が出来なければ、

教育委員会の決定はあくまでも参考意見なので、

最終決定権は私達、保護者に有ります。


11月に決定通知が届くようなので、

それまで息子の成長に一喜一憂して何度も考えかかわるんだろうな。

 


にほんブログ村

発達障がい児育児 ブログランキングへ

?


にほんブログ村